小さな汚れも取り除く事が重要!機械式時計の美しい見た目を保つコツ

ベルトの隙間の汚れに要注意

普段から使用している機械式時計を滅多に手入れしないという人は、気を付けておかなければ腕時計の一部が急に錆びてしまう可能性もあります。
特に気を付けてほしいのが、機械式時計のベルト部分に溜まっている汚れで、目立ちにくい汚れであっても定期的に取り除くようにしてください。
ベルトの隙間に挟まっている皮脂や垢などの汚れは、放置しているとベルトが錆びる原因にもなります。
機械式時計のベルトの一部が錆びてしまうと、そこから広範囲に錆が広がっていく事もありますから、定期的な手入れを行っておく事が重要です。
歯ブラシなどでも届きにくい位置に、皮脂や垢といった汚れが溜まっているようであれば、時計を手入れするためのブラシを購入してください。
強い力でベルトをこすりつけてしまうと、錆を防止するための膜が剥がれる可能性もあるので、優しく手入れを行う事を推奨します。

ホコリが付着しやすい時計の手入れ

定期的に機械式時計の手入れを行って、小さなホコリも拭き取っているけれど、すぐにホコリが溜まってしまう事に悩まされている人も少なくないです。
それは手入れのやり方が間違っている事が、ホコリが溜まる原因になっている可能性もあります。
静電気が発生しやすい繊維で作られた、ハンカチやタオルなどを使って機械式時計の表面を拭いてしまうと、静電気でホコリが引き寄せられる事が多いです。
機械式時計の表面の汚れを落としたくなったのであれば、セーム革のように生地が柔らかいだけでなく、静電気が起きにくいものを使ってください。
セーム革であれば優しく拭き取るだけで汚れが落ちてくれるために、力をこめすぎてしまう心配もありません。

オーデマピゲはスイス高級時計ブランドであり世界三大高級時計メーカーの1つとしても有名です。また宝飾品も扱っています。