あなたはどっちを選ぶ?ペットを買う2つの方法について

ペットショップで好きなペットを買う方法

ペットを手に入れる時、日本で最もメジャーな手段と言えば、ペットショップで買う方法です。里親制度を利用したり、知人からペットを譲り受ける方法もありますが、そのようなケースはあまり多くありません。日本では全国各地にペットショップがあり、そのお店で購入するのが一般的になっています。ペットショップで買う時の大きなメリットは、様々な種類の犬や猫がいる中で、自分好みのペットを選べることです。大型のペットショップに行けば、可愛いペットがたくさん陳列されています。その中で一目惚れした犬や猫を購入することもできますし、複数のペットショップを巡った上で、一番可愛いと思えるペットを買うことも可能です。

ただし、チワワなどの人気の犬種はすぐに売れてしまうケースが多く、必ずしも欲しい犬種のペットを購入できるわけではありません。毛の色や柄などはペットによって異なるため、本当に好きだと思えるペットに出会えるまでは、長い期間を要するケースもあります。

ブリーダーからペットを買う方法

あまりメジャーな方法ではありませんが、ブリーダーからペットを買う方法もあります。ブリーダーとは、ペットの繁殖や交配を職業としている人物を意味しています。つまり、ペットの特性や育て方を知り尽くしているプロです。ブリーダーからの購入方法は、アフターケアが充実していたり、躾がしっかり出来ていたりなど、メリットも大きいです。またチャンピオン犬を購入できるケースもあり、子犬の場合はペットショップよりも値段が低い場合もあるようです。

猫を買いたいと思った時、なついてくれるかどうかが気になります。そういった場合、子猫から飼うと人間の事を親だと思ってくれるので人慣れしやすく、家族として迎え入れたい方は、子猫販売がおすすめです。